So-net無料ブログ作成
051219_2026~0001.jpgかわゆいさらたん.jpgDVC00018.JPGDVC00082.JPGDVC00045.JPG
以前のブログ→ 『Lovely 5Wan Life』 http://lovely5wanlife.blog.so-net.ne.jp/
卒業犬①アビーちゃん ブログトップ

残暑お見舞い申し上げます!~♪ [卒業犬①アビーちゃん]

8月17日(金)

残暑お見舞い申し上げます!


GRP_0089.JPG

(2012.8月7日、 左シンシアちゃん右久宇ちゃん、いつも綺麗~深謝[ぴかぴか(新しい)]



関東では猛暑日が続いています。

皆様、お変わりありませんか?

我が家皆元気です。

4ワン[犬]プラス[犬]保護ワン、お盆には私の実家に大移動。

[犬]チビちゃんたちと娘ピョン吉保護哺乳仔猫ちゃんは主屋の2階で過ごし、[犬]大きい子たちは涼しいアトリエで過ごしました。

4本脚家族親戚大人12人プラス2チビちゃん(一番上姉の孫)が集まり、
年に一度帰ってくる亡き父と宴会。

賑やかなんてもんじゃありません。
とにかく、てんやわんやしながら今年も滞り無く、楽しいお盆でした^^

母は、複数持病を抱えていますが、動けないというほどではないので、大丈夫な感じ。
いつも一人の日常が多いので気力がイマイチのよう。

なんだか、段々、小さくなっているようにも見えるのですが、
毎年のこと、お盆の準備などを念入りに何回もこうしてあれしてと言っておりました。

PAP_0140.JPG




さて、本題。

アビーママさんからアビーちゃんのお誕生日祝いの写メールが届きましたー!

GRL_0147.JPG



アビーちゃんと写っている女の子はママさんの姪御さんです。

可愛いですね~[揺れるハート]

姪御さんとお誕生日が3日違いなので今年は一緒にお祝いしたそうです。

下画像は昨年のもの。
GRP_0114.JPG


今年は二人分のBirthdayケーキ?

やっぱり凄く大きい!^^

GRL_0145.JPG





アビーちゃんのお兄ちゃんマロンちゃんは闘病中。

今年の夏休みはお家でゆっくりされたそうです。

マロンちゃん頑張れー![手(グー)]



リキ兄も頑張ってるヨ[手(グー)]

PAP_0091.JPG






[るんるん]ご訪問ありがとうございました[るんるん]


[ぴかぴか(新しい)]タマオちゃん、里親様が決まりました![ぴかぴか(新しい)]


ご協力おありがとうございました!


PAP_0048.JPG


[かわいい]スコティッシュのタマオちゃん、新しい家族募集中![かわいい]
詳しくは⇒  http://hana-ah.seesaa.net/




nice!(48)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

☆リラックスタイムを持とう~♪ [卒業犬①アビーちゃん]

2月19日(土)[曇り]時々ちょっと[晴れ]


PAP_0271.JPG

(退院後自宅に帰って喜んでいるマロンちゃん^^)

先日木曜、アビー家の大きな手術をして入院していたマロンちゃん(先住犬)が退院しました。

予後が良さそうで何よりでした。

マロンちゃんは、人にも他の動物にもとっても温厚で優しく接してくれます。

持病があるため、手術自体も大変ご心配なことだったと思います。

PAP_0266.JPG

(先住ニャンコ、メルちゃん、今日はモデルさんになってくれました^^)

マロンちゃん、持病があり何度も難しい手術も乗り越えてきました。

ご夫婦に愛されて来たことがとても良くわかります。

我が家の保護犬アビーちゃんを家族に迎えてくださったご夫婦、

とも働きなので、子犬から飼うこと、かえって可哀想なので、

成犬の里親をご希望してくださりアビーちゃんを家族に迎えてくださいました。

PAP_0269.JPG



以前、私がブリダー崩壊現場にて連れ帰った保護犬アビーちゃん(アメ・コカ当時推定3~4才)。

我が家が保護団体の預りボラではなく、

川崎動物愛護センター公認収容犬の一時飼養ボランティアをしてゆく

原点となった保護犬でした。



お外のちょっとした風や男性が苦手だったアビーちゃんでも、無理なく時間をかけて下さり、

今ではご主人様と一緒に寝ているそうです^^

一緒に暮らしていることが楽しい。

傍にいてくれるだけで幸せです。

というマロンママさん

PAP_0265.JPG



[犬]マロンちゃんも[猫]メルちゃんも[犬]アビーちゃんも、

ずっと元気でいて欲しいです!




PAP_0277.JPG



一日留守にすると、なんとなくあちこち気になって、お掃除する私。

たまに、モモちゃんのチョピットうんが転がっている時があって、
眼が悪い私はスリッパで踏んでしまったり。

ペット用の滑らない用のフロアーマットをメーター購入して敷いてあるのだけど、
細かな凹凸の中にめり込み、汚れも拭いただけだと黒ずみ残ってしまう。

えーい!やるぞお!って意気込み、タワシと雑巾と消臭剤などを両手に持ち、
ゴシゴシ!するわけなのだけど。

最近ずーっとサボっていたため、
更に意気込み薄れ、
主人に変えようかな~とブツブツ言いながらそれとなく聞こえるように言うも
虚しく、タワシでこすれば落ちるでしょ、と正当なお返事。

う~ん、今日は目を瞑りました。


PAP_0278.JPG


雨が振ってなければ、日になんども短いお散歩に行くベル爺。

帰宅後は、バッタリ!ゆうに一時間は滾々と寝てしまいます。

PAP_0293.JPG


こちらのお方は、仕方なく抱っこ寝、付き合ってくれています^^

お耳の周りをマッサージ、ほんのりあったかくて柔らかな感触と

私は、スースーという息使いをききながら眠りにつきます。[眠い(睡眠)]

PAP_0168.JPG




******************************************************************:


我が家のように、個人保護をし新しい家族探しをしている保護犬でも、

譲渡会に参加させてくださる保護団体Mignonさん。

今日、夕方17時から友森先生「犬のマッサージ」の中継があり、見ました。

下記で配信されていますので、

ワンコちゃんと一緒にどうぞ~♪^^)/

( #petrelax live at http://ustre.am/9x5A)

http://www.1101.com/petmassage/index.html



PAP_0283.JPG


nice!(55)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

☆それぞれの犬生*** [卒業犬①アビーちゃん]

6月8日(火)[雨][曇り]

今日は、あいにくの雨、タスクの練習はお休みになり残念です。
午後は雨がやんで、ゆっくりお散歩ができたので良かったです^^

なので、嬉しいお便りが届いていたのでアップしたいと思います。
懐かしい画像を引っ張り出しまして、またまた、時間を忘れてしまいそうになりました。


今月、6月2日は、保護犬だったアビーちゃんの出産記念日でした。
経緯はまだブログを始める前でしたので以前のブログでも少しだけアップしていますが、
とにかく、我が家続全員、必死でした!

2008年、誕生したのは一姫三太郎^^

親子共々、素晴らしいご家族と巡り会うことができました。


母犬アビーちゃんとお別れする前日の画像です。

子犬 2008.8.12 006.jpg

左から  ラウラちゃん・下向きパルちゃん・空ちゃん・アウラちゃん


子犬 2008.8.12 010.jpg

サークルの外側 (母犬)アビーちゃん
たくさん遊んで、ずーっと見守っています。


PAP_0020.JPG


里親様から届いた2010年6月2日の画像です^^[るんるん]

CIMG0207.JPG

長男ラウラちゃん・三男パルちゃん 立派になって^^
[揺れるハート]
いつもふたりで遊んでいるそう、海が近くて羨ましい~。


GRL_0000.JPG

次男空ちゃん  貴公子なのに社交界は苦手なのかな^^
[揺れるハート]
内弁慶だそうです。



PAP_0002.JPG

長女アウラちゃん(一月シンシアと実家にて)いつでも会えるよね~なんてすでに半年^^
[揺れるハート]
先住犬ルナちゃんにビシビシ鍛えられているそうですが、ヘナヘなしてるそうです。



二歳のお誕生日おめでとう![ぴかぴか(新しい)]


GRP_0002.JPG


上手に子育てしていたアビーちゃんも(保護前毎回の出産・子育てから)解放されて、
K家のご家族にかこまれ、暖かく見守られています。


DVC00131.JPG

いつも穏やかなマロンくん^^

DVC00132.JPG


DVC00130.JPG

静かなメルちゃん^^

PAP_0011.JPG




GRP_0002.JPG

4月「少し肌寒いお花見になってしまいました」と送ってくださいました^^

GRP_0000.JPG


大事にしてくださってありがとうございます!


GRP_0000.JPG


アビーママさん・パパさん、心から感謝申し上げます!



PAP_0026.JPG






***************************************




ここからは独り言です。


P1030842.JPG



命が誕生する神秘は限りなく尊い。

そして、必ず訪れる死。


命在るもの、死を迎えるまで、


その存在は、生きている世で認められるべきではないだろうか。


人は己の選択肢を持っているけど、

ペットたちは自ら選べない。


死に方さえも・・・


私は人間だから綺麗事ばかりも言ってられない。

人社会に翻弄される(金儲けの道具にされる)ペットたちのことを思うと、
裏腹に陰の部分を知れば浮き彫りされてくる。

憤り・悲しみを超えてる。。。


我が家の5わんに対しても、最良の環境かといえばそうでもないことは分かっているの。


人は、

人生山あり谷ありだけど、

大なり小なりの幸福を求めずにはいられない生き物でしょ。



我が家だって飼い始めた時は、思いもしなかったけど、

あるとき、

気がついた・・・


例えば、

大震災がおこったニュースをみたりしたとき、

命は落とさなくとも、

飼い主と離ればなれになったペットたちが
どのような運命をたどるのか?

マイクロチップを装着していれば、
助かった命は少なくない。


自然災害だけではなく、

もし、

不幸のどん底だと思う事態になり、

生きていくのにやっとになってしまったら、

我が家のわん達をどうするのか。



決めてある。




生きてる動物は、

食べて、運動して、排泄して、感染症予防や病気になったときなど

相当のお金がかかります!

近隣のご理解も大事ですよね。

毎日、毎日、世話をする時間と手間がかかります。


忘れてならないのは、

国民が守るべき『法律』が定められていることです。

「動物の愛護及び管理に関する法律」
「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」
「特定外来生物による生態系等に関わる被害の防止に関する法律」
「ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)」


など、う~頭かかえちゃいますよね。


でも、法律に定められているように

私たちには、『責任』 があるのです。



もし、

家族・親戚が多くても、

一人暮らしだったら

同棲中だったら

高齢で身体の調子と健康が心配になってきたら

転勤が予想できるお仕事だったら

なんらかのアレルギーをもってたら

これから結婚をかんがえていたら

お子さんが小さかったら

一人でも動物を飼うのを反対する家族がいたら・・・

動物が動けなくなってしまったら



そして、

もし、飼っている動物が他人に怪我や危害を加えてしまったら


それでも、

動物の天寿を全うするまで

傍にいて、お世話ができると思いますか?


もしも・万が一はゼロではないですよね!




逆に、

狭い檻の中、

短い綱で拘束され、

猛暑の日も、豪雨や台風の日も、凍りつく雪の日も

家族に触れてもらえずに

(吠えたら怒られる)

(飛びついたら叩かれる)

隅っこで、毎日を一生、死ぬまで飼いつずけること。


それでも、

「天寿を全うするまで飼いました」 と言う人はいるし、

死んだときは鼻水をたらして涙を流すひともいるよ。

果たして、

ただ、生かしておいたことが

「天寿を全うした」 ことになるのだろうか。


どんなに見た目が悪環境でも、

飼い主との間に

言葉で言えば 「絆」 と言う関係が育まれていたら、

ビーグルちゃんは幸せだったろうか。


DVC00107.JPG



犬は、感情がないわけではない!

ただ、我慢強いのだ!

(子犬だった頃飼い主がたくさん可愛がってくれていたときの記憶があったのだろう)

ずっと、待っているのだ!

檻の前を通っても声すらかけない飼い主の家族。

きっと、次は傍にきてくれると・・・

寝て、目が覚めたらなでにきてくれると・・・


PAP_0022.JPG




画像ビーグルちゃん(♀未不妊・享年推定10才位)

何年も前のことだけれど、立派は戸建ての片隅で、

朝から晩まで檻の中だった。

たまには出してもらっていたけど、

この狭い檻の中で排泄し糞を食べたり、尿を舐めていた。

そんなところを見れば、ピンポンを押し、
返事がないので、
わざと大きい声でお世話させていただきますと行った時もあった。

飼い主さんが朝見に行ったら眠ってるだけかと思っていたら突然、死んでいたという。

(度々飼い主さんと飼うのに良い環境についてお話ししたことがあったのだけど)


飼い主さんが、気づいてくれないまま、

遂に、ビーグルちゃんは一人で逝ってしまった。


笑顔で虹の橋を渡れただろうか・・・


娘ぴょん吉、ビーグルくんを助けてあげたかった! と泣いた。

私も、悔しさと悲しさ、複雑な思いだった。


飼い主がいるのだ。

人の犬なのだ。


娘ぴょん吉通りがかれば、声をかける。
お水がなければ入れてあげてた(飼い主が日中不在時)。
伺って、リキともお散歩に行ったこともあった。

当時、他に、具体的に何ができたろう。


最期ぐらいは気づいて欲しかったよ。

最期が近いと分かっていたら家の中で、

飼い主さんの傍で。


今、書いてても涙が落ちてくる、この辺で止めなきゃ。


可愛い子だった!


DVC00108.JPG





人を信じてる純粋な瞳にたいして、

人はどう向き合って行けばいけばいいのでしょう。。。




[犬][るんるん][るんるん][るんるん]ご訪問ありがとうございました[るんるん][るんるん][るんるん][猫]

PAP_0040.JPG




nice!(48)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
卒業犬①アビーちゃん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。